トップページ > オイルの種類【基本編】 >  アルガンオイル

アルガンオイルの特徴と美容オイルとしての効果効能

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■ アルガンオイルはどんなオイル(油)ですか?
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アルガン樹の果実の種子の中から仁を取り出しオイルを採油したのがアルガンオイルです。

世界でも最も貴重なオイルの一つといわれますが、それもそのはずで、アルガンオイルが抽出できるアルガン樹はアフリカ大陸北西端のモロッコ王国にしか生息しないうえ、約100?の果実から1?しかオイルを採取できない大変稀少なものだからです。

(※アルガン樹から種子が採れるようになるのに60年かかるともいわれています。)

また、生産工程もオイルの採取方法もアルガン樹の乾燥した実を石で砕いて種子(仁)を取り出し、石臼ですり潰してペースト状にするなど1つ1つが手作業、しかも家族単位で生産しているので非常に手間と時間がかかります。

こうした大量生産できない点もアルガンオイルの希少価値を生む原因になっているんですね。

そんなアルガンオイルはモロッコでは古くから食用や美容オイルとして使用されており、乾燥地帯であるにもかかわらず、モロッコの女性達の肌が艶やかで美しいのはアルガンオイルという天然の美容液のおかげだといわれています。

20世紀に入り、その豊富な美容成分が科学的にも解明されたことで、ヨーロッパの富裕層やセレブリティ達が使うエイジングオイルや高級スパなどで用いるマッサージオイルとして使用されるようになり、現在では世界中の美容家たちから注目を浴びる存在になっています。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■ アルガンオイルの成分の特徴&どんな美容効果が期待できる?
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

アルガンオイルは食用・美容のどちらにも使用することができます。

美容オイルとしての保湿力や肌なじみのよさはもちろんですが、最大の特徴はオレイン酸やビタミンE、リノール酸、ポリフェノールといった抗酸化成分を豊富に含有していることにあります。

細胞の老化を防ぐといわれるビタミンEについていえばオリーブオイルの3から5倍以上の含有量があることもあって、アンチエイジングには最適で、それがエイジングオイル(=若返りオイル)と呼ばれる由縁でもあります。

シミ、シワ、たるみ、くすみなどあらゆる肌悩みに効果があるといわれており、塗るだけでSPF10程度の紫外線予防効果があるといわれていますから、

● 肌に栄養を与える
● 潤いを閉じ込める
● (紫外線などから)肌を保護する

といった美容液・乳液・クリーム・日焼け止めと万能の美肌効果を発揮してくれます。どんな肌質とも相性がいいので、基本的には刺激を気にせず安心して使用することができるはずです。

なお、アルガンオイルの美容効果は、毎日スプーン一杯程度を飲むことでも体の内側から酸化を防いでくれるので期待できます。塗って、飲んで、また塗って、きれいになりましょう。

アルガンオイルについて
    Copyright © 2013 美容オイル特集/オイル美容法の徹底解説ガイド· All Rights Reserved·