トップページ > 美容オイルの使い方 >  アロマテラピー

アロマテラピーの要素をオイル美容に取り入れる

精油を1滴たらすことで香りによる心身のバランスを調整する作用も加えることができるのがオイル美容の醍醐味でもあります。アロマテラピーの要素を取り入れることでより幅広く、そして豊かにオイル美容を楽しめると思います。

オイルの植物パワー+香りによる心身へのヒーリング効果

オイル美容は植物の種子から抽出したベースとなるオイル(純正系)に、薬効やその日の気分のあった香りの精油をブレンドしたものを使えるようになると一人前です。

オイル美容は、ただオイルのエモリエント(肌を柔らかくする)効果や保湿効果だけを感じられればいいというのではもったいなくて、香りや感触、色など五感すべてで感じて楽しみたいもの。

なかでも大脳に直接働きかける香りの効能は、アロマテラピーという自然療法が確立されているように心と体の調和を取り戻すのに大いに役立つものですから是非とも取り入れていきたいものです。

アロマテラピー=香りの効能が注目されるのは前述したように大脳に直接働きかけることができるからです。香りは、鼻腔を通じて最初に大脳辺緑系に伝わった後、視床下部へ伝わります。

この視床下部というのが自律神経やホルモン分泌の司令塔にあたるので、心地よい香りを嗅ぐと、リラックスすることができるというのは、香りの信号が視床下部に届いて、交感神経の緊張が緩和されて副交感神経が優位することができるからです。

さらに、忘れてはいけないのがこの視床下部はホルモン分泌も司っていること。

そのため、ローズオイルやゼラニウムなどのある種の精油の香りを嗅ぐと女性ホルモンのバランスを整えることもできるわけなんです。女性ホルモン(=エストロゲン)は女性の健康と美容にモロに影響するものですから、この作用を無視するわけにはいきませんよね。

嗅覚だけが大脳新皮質によるフィルター(知的な解釈)を通すことなく、身体の生理反応に直結するというのはなんとも不思議な体のメカニズムですが、人間の体はそうなっているんです。

オイルの植物パワーと香りの相乗効果を得たいという場合は、オイルだけでなくアロマテラピーの知識も必要になってきます。だから自分で精油をブレンドしてオリジナルの美容オイルをつくれるようになるとその人はもう上級者といえるわけです。

もちろんアロマテラピーの知識がそれほどなくても香りを楽しみたいという場合は、人気の高いローズやゼラニウム、ローズマリーやネロリといった精油数種類がブレンドされた美容オイルがあるので、それを購入すればOKです。

オイルの植物パワーと香りの相乗効果を得ることができるはずです。

心安らぐ香りでリラックスしながら肌悩みを解消し、美肌づくりができるというのがオイル美容の魅力の1つです。ストレスまみれの現代女性には、うってつけの美容法といわれるのはこういう理由があるからなんです。

Copyright © 2013 美容オイル特集/オイル美容法の徹底解説ガイド· All Rights Reserved·