トップページ > 美容オイルの使い方 >  オメガ3系・9系脂肪酸

食事で積極的に摂取したいオメガ3系・9系脂肪酸

オイルは肌に塗るだけでなく、飲んだり、食べたりすることでもその豊富な栄養素を摂取することができます。普段の食生活が美容や健康に影響するのはご存じのとおり。食事で摂取したいオイル(脂質)について紹介します。

オメガ6系脂肪酸を減らしてオメガ3系脂肪酸を増やす!

オイルは飲んでもその美容効果や健康効果を実感できるものです。

とはいってもすべてのオイルが食用できるものではないので、化粧品としてのオイルなどは飲まないほうがいいです。特にアロマテラピー用の精油には経口毒性があり、最悪死に至るので絶対飲まないようにしてください。

ここで解説するのは、食用オイルとして利用されているものや食事から摂取できる肉や魚、それから植物などから摂取できる油(=オイル)についてのことになります。

よろしいでしょうか?

人間の健康を維持するためには炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルといった栄養素が必要不可欠であり、これらのなかでさらに体内で合成できないため必ず食事から補う必要がある栄養素というのがあります。

そのひとつが必須脂肪酸です。具体的には青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸、オリーブオイルなどに多く含まれるオメガ9系脂肪酸がそれに当たります。

こうした体に必要な油(=脂質)を摂取しないとどうなるかですが、便秘がちになり、代謝も低下して体はボロボロになります。他にも肌の乾燥、肌荒れ、生理不順、抜け毛などの原因にもなってしまうので人体には必要不可欠なんですね。

さて、体に必要不可欠な油(=脂質)ですが、現代人はその脂質バランスに大きな偏りがあるといわれていて、オメガ6系が過剰摂取されている状態だといわれています。

戦後、日本人の食生活が欧米化したことでこれまで日本人に見られなかった病気が増えたり、生活習慣病が増えたといわれていますが、具体的に欧米化したことで何が変わったのか?何が健康を損ねているか?というと油(=脂質)なんです。

それまで魚食中心で魚油に多く含まれるオメガ3系脂肪酸をしっかり摂取できていたのが、牛や豚といった肉を食べる機会が増えたことで、動物性脂質に多く含まれる飽和脂肪酸を摂取することが増えました。

さらに、「炒める」「揚げる」といった調理方法が加わったことで、そこで使う植物油(=主にリノール酸、オメガ6系脂肪酸)の摂取量が急増してしまったため、食事から摂取する油(=脂質)のバランスが大きく変わってしまったんですね。

● オメガ3系脂肪酸 : アマニ油、シソ油、魚油など
● オメガ6系脂肪酸 : コーン油、サフラワー油、月見草オイル、ひまわり油など
● オメガ9系脂肪酸 : オリーブオイル、アーモンドオイル、アルガンオイルなど

リノール酸に代表されるオメガ6系脂肪酸は必須脂肪酸ではありますが、過剰に摂取すると体内バランスを乱して、動脈硬化、アレルギー、心筋梗塞、脳梗塞といった問題を引き起こす原因になってしまうものです。

この乱れてしまった脂質バランスを整えるためには日本人はもっと魚を食べてオメガ3系脂肪酸を摂取し、バランスを取る必要があります。だから厚生労働省が中心になって、肉より魚を食べたほうがいいとファストフィッシュ運動をしたり、躍起になっているわけです。

他にも積極的に摂取したい油(=脂質)には、オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸に代表されるオメガ9系脂肪酸があります。

オリーブオイルを普段からよく利用するイタリア、ギリシア、スペインでは周辺諸国に比べて動脈硬化の患者が少ないといわれていて、実際にオメガ9系脂肪酸にも動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があることが確認されています。

健康や美容のためには経口摂取するオイル(=脂質)も重要であり、普段からどんな油(=脂質)を摂取しているかで健康状態が大きく左右されてしまうというのはぜひとも知っておくべき知識です。

現代人の食生活では意識しないとオメガ3系やオメガ9系の脂肪酸が不足してしまいますし、オメガ6系脂肪酸の過剰摂取になってしまいます。オメガ6系脂肪酸の摂取量を減らし、オメガ3系やオメガ9系の脂肪酸を積極的にとるように意識してみてください。

Copyright © 2013 美容オイル特集/オイル美容法の徹底解説ガイド· All Rights Reserved·