トップページ > オイル美容法とは? >  オイル美容によくある勘違いQA

オイルは肌に良くないって話をよく聞くけれど....。

ベタベタしそうだし、本当に浸透するの?そんな疑問を持っている人も多いと思います。ここではオイル美容によくある勘違いについて回答していきたいと思います。

オイル美容によくある勘違いQAについて

オイル美容によくある勘違いに答えるQ&A

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Q1, ベタつくイメージがあるんですが、本当のところどうなの?
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ピュアな植物オイルは分子構造が細かく、サラッとしていて使い心地が軽いものです。肌との親和性も高く、すぐに浸透するので正しい選び方と使い方をすればベタつくことはありません。

「ベタつく」とか「浸透しにくい」イメージがある人というのは、添加物など不純物が混ざった質の悪いオイルを使ってしまったのかもしれません。きちんとした質の高いピュアオイルは肌に塗布すると、サラッとしてベタつきがなく、すっと肌の角層に浸透するものです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Q2, オイリー肌やニキビができやすい人は使わないほうがいいですよね?
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

一番の勘違いはこれですね。正解はオイリー肌やニキビ肌の人こそオイルを使うべきです。というのもそもそもオイリーに傾くのは肌に水分が足りず、それを補うために必要以上に皮脂が分泌されるからです。要するに皮脂バランスが崩れているんですね。

美容オイルには皮脂分泌を調整してくれる働きがあるので、オイリーな肌やニキビ肌に使うと皮脂バランスが整って皮脂の分泌が減り、肌状態がどんどんノーマルになっていきます。

だから、テカリやヨレ、化粧崩れに困っている人にとってはオイルはむしろ必需品なんです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Q3, 酸化しやすいイメージがあるし、肌にむしろ悪いんじゃないでしょうか?
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

オイルの酸化についてはその種類によります。ホホバオイルやスクワランオイルなどは酸化に非常に強いので、まずその心配は無用です。オイルを選ぶときに酸化しにくいものを選べばいいでしょう。

肌に悪いというのは佐伯チズさんが「オイル=老いる」と言い出したからだと思いますが。これはオイルクレンジングに対していったことだと思うんですね。不純物の多い油と油を乳化する悪名高き界面活性剤が一番配合されてますので、肌に悪いといえばその通りです。

ただ、精製された純度の高い植物オイルとはまるで別物です。混同してはいけません。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Q4, そもそも使い方がよくわからず、手を出せません...。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

確かにその通りです。オイル美容は上級者向けのスキンケアですし、実践者も少ないですから正しい情報が入ってきませんからね。

基本的な使い方としては、洗顔後に使います。1回の使用量は1,2摘で十分です。気になる部分にはあとから重ね付けしますが、よく伸びるので基本的には少量でも大丈夫なはずです。

手のひらにとって手のひら全体に伸ばすと体温で温かくなります。こうなったら顔やデコルテになじませていきます。香りがある美容オイルの場合は香りを楽しみながら行ってみてください。

Copyright © 2013 美容オイル特集/オイル美容法の徹底解説ガイド· All Rights Reserved·